オプトアウトについて

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入がなく、診療データ等の情報のみを用いる研究や余った検体のみを用いる研究については、国が定めた指針に基づき、対象となる患者さんから直接同意を受けない場合があります。この場合は、あらかじめ研究内容の詳細を情報公開し、患者さんが拒否できる機会を保障することが必要とされております。

このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。各研究の詳細は、 研究タイトルをクリックしてご覧ください。

研究への協力を希望されない場合は、文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

臨床研究一覧

部門研究課題名
脳神経外科 動脈硬化性の急性頭蓋内主幹動脈閉塞に対する血管内治療に関する後ろ向き登録調査(RESCUE-Japan ATBI)
Get Acrobat Reader
紹介状はPDF形式です。ご覧いただくにはAcrobat Readerが必要となります。
お持ちでない方は、Adobe社のサイトから無償でダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る